宮崎市佐土原町下田島21230番地

☎︎ 0985-73-1811

アクセス

メール

ピア・ささき作業療法ピア・ささき作業療法

精神科作業療法について

line

  精神科作業療法とは

精神科作業療法(OT)とは精神疾患により生活に障害をもった方に対し、様々な活動を共にし、一緒に考えることで、生活のしづらさを少しずつ軽減していく時間を提供します。精神機能の向上、対人関係能力の改善、作業能力の改善など、より良い生活が送れるように指導、援助を行います。

  プログラム内容

●絵画(手芸、創作活動)
●脳トレーニング
●体操(ウォーキング、ヨガ、リズム体操)
●カラオケ
●DVD観賞、音楽観賞
●室内ゲーム
●レクリエーション
●茶話会

※その他、季節の活動などを準備しています。

  私たちがサポートできること

入院中の生活支援

精神科作業療法の処方がされた患者様は担当の作業療法士が面談し、プログラムを決めていきます。プログラム内容だけでなく、入院生活上困っている事に関しても担当の作業療法士が相談に乗りサポートします。

退院に向けた支援

ひとりひとり安心して退院が出来るよう、担当の作業療法士が退院後の生活にも焦点を当てた計画を立てサポートします。

退院後の支援

精神科デイケア、精神科訪問看護にも作業療法士がいるので、不安が無いようにサポートします。

  精神科作業療法の目的

病状の安定

病気が不安定な時期に、活動を通じて病状の安定をはかり回復を促進します。作業活動には気分転換、ストレス発散、情緒の安定をはかるなどの効果があります。

対人関係の改善

人との関わりを持つことが苦手な方に対してはまず、人中にいることに慣れていただき、徐々に自分の気持ちの伝え方など、他社と上手に関わるための方法を練習します。人の中にいる手段として作業活動を利用します。

基本的な日常生活への援助

病気のために生活が不規則になりやすいため、定期的な作業療法への参加を促し、生活リズムを整えます。

病状の安定

他の職種と協力しながら。就労に向けての相談、援助を行い「どのような仕事が自分に合いそうか」ということを一緒に探したり、趣味や余暇活動をお手伝いします。